沖縄の青の洞窟はシュノーケリングや体験ダイビングのメッカ

沖縄の青の洞窟といえばシュノーケリングや体験ダイビングのメッカ、スキューバダイビングをやっている人なら、一度は沖縄の青の洞窟に行ってみたいと考えているはずです。

青の洞窟は、海水の浸食によって出来た海蝕洞で、海の中から見上げると洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で青く見え、とても神秘的な感覚に襲われることから人気です。

一番の季節は朝日が昇るのが遅くなっていく夏から秋にかけて、朝日が入る時間帯が太陽光の角度がもっとも綺麗で、青の洞窟の素晴らしさが体感できるのです。

初夏にかけても綺麗なことに間違いはないのですが、ダイビングのベストな時間が早朝すぎて大変というのが難点です。

青の洞窟は恩納村にあり、那覇空港や国際通りがある沖縄南部からも1時間程度で行ける距離にあります。

沖縄空港から直接行くということはないでしょうが、那覇市内からも1時間でアクセス出来るので、それほど早起きをしなくても早朝のダイビングは可能です。

沖縄青の洞窟情報マトメ(http://www.bleuoceansecurity.com/)でも紹介されていますが、青の洞窟の楽しみ方は、「シュノーケリング」と「ダイビング」という2種類があります。

体験ダイビングであればライセンスは無用ですので、ダイビングが初めて、未経験という方でも大丈夫です。

深く潜らなければ青の洞窟を体験できないということもなく、入口が狭いというわけでもありませんので、海が苦手と思っていた方でも十分に楽しむことが可能です。

少人数からでも楽しめる沖縄の青の洞窟はこれからの予約でも大丈夫です。